建築ニュース2020年1月号 ➃

建築ニュース2020年1月号 ➃

2019年11月新設住宅着工
減少傾向続く、5カ月連続減。持家は4カ月、貸家は15カ月連続減

国土交通省が12月26日に公表した11月の新設住宅着工戸数は7万3523戸(前年同月比12.7%減)で5カ月連続の減少となった。分譲は増加が続いているが、持家は4カ月連続の減少。貸家は15カ月連続で減少した。季節調整済年率換算値は83万3736戸(前月比5.2%減)で2カ月連続の減少となった。


住管協/福岡で社員総会開催
一般社団法人住宅管理・ストック推進協会(徳冨総一郎代表理事)は、2019年12月5日、福岡市内で社員総会を開催した。全国から工務店をはじめ住宅業界に携わる会員が参加。今回は、㈱家価値サポート代表取締役・中林昌人氏による「既存住宅市場に対しての工務店の取り組み」についての特別講演が行われたほか今後の活動方針や新サービス提供についてなどが発表された。


長期優良・省エネ住宅対応 新・ちきゅう住宅検査員講習会を開催/全建連
(一社)全国中小建築工事業団体連合会(全建連)は、長期優良住宅や省エネ住宅に対応した「新・ちきゅう住宅検査員講習会」を開催する。
全建連はこれまで、住宅瑕疵担保履行法に完全対応した「全建連ちきゅう住宅」事業を行ってきたが、このほど、長期優良住宅や省エネ住宅を複雑な計算等を行わずに建設できるようバージョンアップした「新・ちきゅう住宅」を完成させた。

(出典:NJS日本住宅新聞

建築ニュースカテゴリの最新記事